<< 本格的な陶芸体験もいかがでしょ... 新しい工房にて製作開始! >>

ゼロから学ぶ陶芸講座【お茶碗編】

10806288_767686783312793_5202982086784876603_n

陶芸とは奥が深いですね〜
私も勉強しようと本を取ってみたりネットで探してみると…
もの凄い情報量です!!!
いつの間にか歴史の勉強になっていたりして「あれ?何調べてたんだっけ?」

迷子です。

という訳で、所長に教鞭をとって頂き一から学んで行きたいと思います。
なるべく分かりやすく解説して行きたいと思いますので皆さんも
知っている人は知っているよという部分もあるとは思いますが
一緒に学んで行きましょうー!


お茶碗編


お茶碗と言えば、ご飯を食べる器ですね。
でもよく見て下さい!漢字を。

「茶」という文字が刻まれています。
昔はお茶を飲む為に使われていたものが変化していき
ご飯を食べる器になったと言われています。

■数え方→ 一客【いっきゃく】
■サイズ→ 12㎝=4寸が一般的なサイズとなります。    
       (見た目、使いやすさを重視してお好みの物を選びましょう!)


お茶碗の一般的な部位の名称

c0202225_21364832.jpg























【くち】
文字の通りご飯を食べたときに口があたる部分。
もりたうつわでは口を外に反らして食べやすくしています。

【どう】
口から腰(くびれた部分)までの間の部分でこの胴の長さによって
お茶碗の容量が変わります。

【こし】
お茶碗の見た目を一番左右する部分で高台に向かってくびれて行く。

10742757-1

見込み【みこみ】
お茶碗の中心部分。

39921ed7-1

高台【こうだい】
お茶碗の持ちやすさに関わってくる部分。
お茶碗を選ぶ時に注目してみると良いポイント。

【そこ】
器と机や台などが接する部分。
綺麗に削られていないとガタガタしてしまいます。




DSC_0679

まとめ・感想


いつも使っているお茶碗一つでも学習ポイントがいくつもありましたね。
写真のお茶碗は【粉引き茶碗】なのですが、これついて聞いてみると
また別枠で特集出来るくらいの長さになるそうですよ(笑)

いや~陶芸ってほんっとうに奥が深いですね!

この『ゼロから学ぶ陶芸講座』はまだまだ続いて行きますので
一緒に学んで行きましょう!


by.staff kayo



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一日陶芸体験教室と出張陶芸教室開催しております!

陶工房「土佐人」とさんちゅ HP


[PR]
by tosanchu | 2015-04-16 17:37
<< 本格的な陶芸体験もいかがでしょ... 新しい工房にて製作開始! >>